???????? RGB

シェアリングエコノミーとクラウドファンディング

シェアリングエコノミ

ドットコムバブルの時、バブルの熱烈な支持者たちは、消費者の商品購入、b2b、コミュニケーション、交流がすくにオンラインで行われるようになると言っていました。いますぐオンラインに移行する努力をしないと、機会を逸し、仕事がなくなるとも言っていました。ウォールストリートジャーナル、フォーブスなどのニュースメディアは、多くの企業は基本的な財務原則を軽視していたのにも関わらず、企業への投資を奨励してました。

多数の企業の破綻は避けられませんでした。マネタイゼーションが現実のものとならないのに、利用者数が急激に増加するだけでは、実際のところ、コストが発生するだけだったからです。ネットワークそれ自体では、マネタイズできないのです。しかし、テクノロジーをよく理解していた人々にとって、このテクノロジーが新しい情報社会を創出するという確信は不変でした。そして、彼らは正しかったのです。その予言の全ては、今や日常生活となり、私たちは既に情報社会の第一段階で暮らしています。

しかし、産業、国家ベースの社会の多くの問題は未解決のままです。テクノロジーは市場と情報の自由に反して使われるようになりました。大企業は政界のエリートたちの思い付きへの手伝いを余儀なくされ、また、大企業自身がエリートになってしまったのです。

市場に影響を与え、コミュニケーションを変革する恐ろしいツールが導入されました。Googleは、不要な言葉を自動的に訂正するサジェストを行い、各国政府は、Facebook、Skype、Gmailなどのコミュニケーションのハブへのアクセスを得ることによる監視のためのツールを得ました。金融取引はコントロールされ、規制により開発は停滞状態となりました。

インターネットを成功に導いた分散化は退化し、産業スパイや政治的弾圧[中国のセサミクレジット]には最高の環境となりました。テクノロジー志向の人々は、インターネットの台頭を見たのを同じように、我々は再分散化を期待しています。

テクノロジー、ゲーム理論の応用、ゲーミフィケーション、暗号技術などの進歩により、いずれは既存のインターネットの上に別のレイヤーができ、ネットワーク全体を停止指せない限り、外部からの介入が不可能になるでしょう。ブロックチェインとP2Pにより、我々が今日抱いている所有と貨幣に対する概念は変化するでしょう。

ソーシャルネットワークへの侵入は数学的に不可能となり、貨幣は、秘密の課税、政府権力維持のための明白な手段ではなくなるでしょう。回線容量や計算パワーは無制限に取引できるようになるでしょう。努力しなくてもインターネットでの匿名性は再び得られるでしょう。

当社は、インターネットで避けられない進化と再分散化の台頭をサポートし、メリットを得るためのリサーチと市場分析を行っています。

当社は、急速に変化する司法の中でのグローバルなビジネスチャンスにオープンであり続け、国や言語の障壁をいとわず、長期間に渡り貢献することを目指しています。