ランヂアンヒーロー

私はRandian Hero徹底した正直さを体現する人物、間違いに気付くとそのままにしておかないような人と解釈しています。男性であれ女性であれ、Ayn Randが描いたような正直さ、合理性、清廉さ、自立性、公正さ、建設的、慈悲心を持った人なのです。Randian Heroは他人のために人生を過ごさないし、他人に対してそれを自分にするよう頼むこともありません。こうしたヒーローには3つの根本的な価値観があり、それは目的、理由、自尊心です。

これは、自己犠牲や困っている人や弱者を必要とする他のヒロイズムとは根本的に異なります。Randian Heroは他人のために何かをするということではないのです。このコンセプトは一般的に受け入れられているヒーロー像とは相容れません。Randian Heroは恩恵を求めたり与えたりしないし、施しにも関心はなく、値する人だけにしかそういうことはしないのです。一番大事な価値観は幸福感であり、それを追い求めることを恐れたり恥ずかしがるようなことはありません。

Randian Heroはオープンマインドな人物で、他人を傷つけることはしないし、我を張ることにこだわる必要もありません。他人がどう思うかを恐れることは知らないうちに縛りとなるが、Randian Heroの頭にはよぎることすらありません。Randian Heroは自分を大きく見せたり、ウソをついたりする必要を感じることはありません。なぜなら他人に認められることを求めていないし、他人に何を言われるか、言われないかを恐れていないからです。

自己の限界を知りそれを認めるような謙虚さは、それほどRandian Heroに求められる性格ではありません。より現代風の表現ではDCS Inc.が定義したThe Modern Alpha Maleと言えるかもしれません。現代のRandian Heroは(Ayn Randが描いたヒーローとは対照的に)、我々の基本原理が進化や性別によって変わるということを知っており、ジェラシーを感じたり、ケチケチしたり、他人の心を支配する必要がない、余裕ある心持ちを特徴とする過ごし方をしています。

そして、Anvilのようなあごの輪郭であることで傷付くこともないのです。

定義の一部を写させて戴いたRandallに感謝申し上げます。